ニキビ跡 赤み

ニキビ跡の赤みの原因やケア方法などの紹介です。

ニキビ跡 赤み。

ニキビ跡の赤みの原因は、肌の内側に炎症が残っている場合や、さらに肌の中で起こった炎症によって周囲にうっ血がおこる場合。この2つがあります。

ニキビ跡の赤みというのは、表面の炎症は落ち着いてきたが内部に残った炎症のために赤みが引かないという状態です。
炎症を起こした赤ニキビや、さらに悪化して化膿した化膿ニキビを発症すると、症状がおさまっても赤みが引かない場合があります。

肌のターンオーバーに問題があるとなかなか消えずにそのままニキビ跡の赤みが残ってしまうこともあります。
肌のターンオーバーが正常であれば徐々に薄くなっていき2ヶ月ほどで消失することもあります。

ターンオーバーが正常であれば徐々に薄くなっていきますが、肌の機能が低下したりケアを間違えたりすると長い期間残ってしまうこともあるようです。
その状態を放置しておくとシミとして残ってしまいます。

ターンオーバーが正常に働くように、生活を規則正しくしたり正しいスキンケアをおこない、炭水化物、甘い物、脂っこい物、スナック菓子などはできるだけ食べないようにして、食物繊維の豊富な食材を多くとり、ビタミンや亜鉛などバランスのとれた食生活を心がけてください。

睡眠も大切です。成長ホルモンが活発に出るゴールデンタイムに睡眠をとりお肌の疲労回復をしましょう。できれば夜10時には就寝したいところですが、難しいようでしたら夜12時までには眠りにつくようにしてください。

洗顔も大切です。朝晩の洗顔もしっかりと泡立てて泡で顔を包み込むようにしてしっかり洗ってください。すすぎ残しのないようにしっかりとすすいでください。リプロスキンも忘れずにしっかりとケアしましょう。

ニキビ跡の赤みは内部の炎症が残っている状態なので、外側からのケアとあわせて、内側からのケアも行なってはどうでしょうか。
皮膚科で炎症を抑える抗菌剤や抗生物質などを処方してもらい内側からのケアもおこない、外側・内側の両面からケアをしてみてはいかがでしょうか。

ニキビ跡のケアは時間がかかります。ターンオーバーが正常な状態でも肌が正常な状態に戻るまで2ヶ月から3ヶ月はかかるので、あせらず期間をかけてケアを続けていくことが大切です。

リプロスキンのくわしい使い方や口コミ、
リプロスキンのキャンペーン情報くわしくはこちら

リプロスキン公式サイト

このページの先頭へ