ニキビ 食べ物

ニキビと食べ物の関係について調べてみました。ニキビができやすい食べ物、ニキビに良い食べ物など食生活を改善するときの参考にしていただければ。

ニキビと食べ物の関係。

ニキビができやすい食べ物

ニキビができやすい食べ物は、お米やパン、麺類やじゃがいもに含まれている炭水化物です。
炭水化物は、消化されると糖分に分解され、分解された糖分が油分にかわり皮下脂肪として蓄えられたり、皮脂の材料になります。
主食である炭水化物。でも炭水化物をとり過ぎてしまうと皮脂の分泌が多くなってしまうので注意が必要です。

油分や糖分の多い食べ物もとりすぎに注意が必要です。ケーキやチョコレートなど皮脂の材料になるので食べ過ぎに注意です。そして、お米・もち米が主原料のおかきやせんべいなども、食べすぎないでください。

揚げ物やお肉も皮脂の分泌をふやしますので、食べ過ぎないでください。天ぷらやフライなどの揚げ物など動物性脂肪は血中の中性脂肪をふやして皮脂の分泌をふやします。

それ以外にも、油分の多い食べ物のナッツ類・スナック菓子なども控えた方がいいですね。
一見よさように思える辛い食べ物などの刺激物は、胃が荒れることもあり、内臓への負担がかかったり。さらに血行を促進することによりニキビの炎症を悪化させてしまう可能性があります。

ヘルシーな海藻類はニキビにはいいのでは?と思ったのですが、海藻に含まれているヨウ素がニキビの悪化をまねくのだそうです。
ヨウ素は体内に入ると皮脂腺から外へ排出されニキビを作る原因になるようです。

また、大人ニキビで気になるのがお酒ですが、お酒も飲みすぎるとニキビに悪影響を与えます。お酒にはニキビの原因になる糖分を多く含んでいます。そして糖や皮脂の代謝を促すビタミンB郡を大量に消費し、ビタミンB郡が不足することになるからです。

ニキビに良い食べ物

ニキビに良い食べ物は、ビタミンです。ビタミンの中でも、ニキビに効果的なのはビタミンA・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンC・ビタミンEということです。
緑黄色野菜(ニンジン・小松菜・ほうれん草など)や乳製品、たらなど魚もニキビにいいようです。

積極的にとりたい食べ物は亜鉛です。亜鉛には新陳代謝を活発にする効果があるそうです。亜鉛を多く含む食べ物は、牡蠣や大豆、うなぎや抹茶、チーズなどです。

そして食物繊維。便秘になるとニキビができるという人もいますので食物繊維は腸内環境を整えるのに良い食材ですよね。食物繊維を多く含む食べ物にはモロヘイヤやゴボウ、おからや豆類などがあります。

以上、ざっと書いてみました。食生活を改善するときの参考にしていただければ。

リプロスキンのくわしい使い方や口コミ、
リプロスキンのキャンペーン情報くわしくはこちら

リプロスキン公式サイト

このページの先頭へ